ワセリンの正しい使い方について

一般的な肌を保護する代表的なクリームとして、ワセリンが挙げられます。
市販されている多くのクリームの中にワセリンは基材として使われています。

 

 

皮膚科で処方されるものにおいても、ワセリンが基材として使われているものは多く、医者も認めるほどです。
このワセリンですが、正しい塗り方をご存知でしょうか。
ただ、かさついている部分に塗っているだけでは、本当のワセリンの効果は発揮されません。

 

ワセリンの原料は石油です。
石油は肌になじまないので、外部の刺激から肌を守ることが出来ます。

 

ですが、ワセリン自体には、肌を潤すことのできる成分は含まれていないんですね。
そのため、ただ塗るだけでは、かさついている肌にふたをするようなものです。

 

必ずオイルや化粧水などで、塗る部分に水分を含ませてから塗るようにしましょう。
そうすることによって、水分を含ませた状態のまま、ふたをすることが出来ます。

 

また、塗り方にも注意が必要です。
ワセリンは、米粒一つ分で手のひらいっぱいまで塗ることが出来ると言われています。

 

知らずに塗りたくっている人は多いです。
少量でも十分な効果がありますので、過剰に塗りすぎないようにしましょう。
皮膚のしわに沿って、ワセリンをなじませるようにして塗っていくと、綺麗な肌に生まれ変わることが出来るようです。