どんな種類があるのか覚えておこう!

ネイル資格の概要については、級と資格取得のための法人の種類にいくつかのポイントがあると説明できます。
まず業界で有名な資格の種類は、NPO法人「日本ネイリスト協会のJNAジェルネイル技能検定」。
そして「公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター」があります。

 

NPO法人日本ネイリスト協会では、最近取り入れているサロンの多くなったジェルネイルの資格を初級、中級、上級と別れて試験を受けることが出来ます。
ここはおススメです。
これからの業界では、ジェルネイルが主流になってきています。
確かな技術力とサロン就職のための即戦力になりたいと考えている人には、お勧めの資格です。

 

初級は、ケアのベーシックマスターとジェルネイルを施術するために必要な基礎的知識。
そして技術の修得を試験内容とされており学んでいきます。
中級は、ケアとジェルネイルを施術するためにプロとしてサロンワークに必要な専門知識と技術の修得。
そして最後に上級は、スペシャリストとして必要とされる総合的知識と技術の修得を学んでいき、就職の際やその後のネイリストの証として証明できるものとなっています。

 

次に日本ネイリスト検定試験センターでの資格取得は1、2、3級とわかれており、多くのネイリストを夢見ている女性たちが昔から挑戦している資格です。
ネイリストを目指しているほとんどの人が、学んで試験を受けてきている実績があり、美容専門学校等や独学で学ぼうとしている人たちもいるなど人気な資格となっています。
就職の際のにも、自分の能力を最大限にアピールできるのがこの資格の1級で、合格者は毎年一握りだといわれているほど難関なのも特徴的です。

 

まず3級はネイリストベーシックのマスターを中心としたケア、ネイルアートに関する基本的な技術及び知識を問われます。
初めて施術をする人たちが最初に学ぶ級といえるでしょう。
2級は、サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術及び知識です。
そして1級はトップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術及び知識が問われるものとなっており、非常に難しい試験といわれています。

 

 

ネイリストを目指すならネイル資格の取得が近道!

 

当サイトでは管理人が検定に合格するまでの体験談を公開しています。
また、ネイルの資格を取る為のスクールや通信講座を比較するのに便利なサイトも紹介していますので、参考にして下さいね♪

 

ネイル資格